岡崎市岡町船山13

御祭神:須佐之男命、応神天皇、豊受姫命、他13柱

例祭日:10月10日

その名の通り、船の形をした山に鎮座する。社叢全体にシイの木が自生しており、「椎の宮」とも呼ばれている。岡の町は古くより米処として知られ、山の周囲には美しい田園風景が見られる。

岡崎市丸山町ハサマ1

御祭神:天児屋根命

例祭日:4月15日

通称「からす神社」「おからすさま」という。病気平癒を願う女性の信仰が篤い。境内には「いぼ神」が祀られている。奈良時代に栄えた丸山廃寺の礎石だった石の穴に溜まった雨水をつけて参るといぼが取れるという。

岡崎市保母町西畑56

御祭神:豊受姫命、応神天皇、保食神

例祭日:10月10日

女神を祀る当社は、乙川の左岸に鎮座し、男神を祀る小美の瓶井神社と相対する。古くより安産の神として地方民の信仰が深い。境内のケヤキ、タブの大木は岡崎市の名木に指定されている。

岡崎市丸山町宮山1

御祭神:天照大御神、猿田彦命

例祭日:10月10日

この地には村上遺跡を始め多くの古墳郡がある。当社の境内にも神明宮一号墳があり、保存状態も良く、多くの縄文土器が出土した。また氏子の祖先を祭る別社が鎮座する。また神社北の深い淵には、今も竜宮伝説が残る。

岡崎市小美町神田83

御祭神:応神天皇、猿田彦命

例祭日:10月上旬土曜

保母の瓶井神社に対し、乙川の右岸に鎮座する。平成8年度、河川改修工事並びに道路拡張工事の為、小美の町を見下ろす高台に御遷座となり、氏子の熱意により立派な社殿が造営された。

岡崎市美合町西屋敷150

御祭神:大山咋命、伊邪那美命、豊受姫命、他2柱

例祭日:9月最終日曜

この村の郷士生田四郎兵衛が、和歌山の熊野権現を迎え、山王宮と称した。明治に日吉神社と改称。またこの生田の地には、生田八景と呼ばれ、歌人や画家に好まれた独特の景観を持つ場所があった。現存は写真のみ。

岡崎市美合町道ケ根65

御祭神:天照大御神

例祭日:10月第1日曜

ここは馬頭と呼ばれた土地で、神仏習合の頃には、当社に馬頭観音(慈悲を祈る観音様)を祀ったと言われている。また、境内より岡崎の花火が良く見え、静かに見たい人には絶好の穴場である。

岡崎市大西2-14-5

御祭神:日本武尊

例祭日:10月9日

鎌倉街道に面し、近郷第一の古社として崇敬が篤い。参道正面に残る朱塗り鳥居は、大岡越前守の寄進と伝える。境内樹林は市街地に残された貴重な森として、岡崎市のふるさとの森に指定されている。