岡崎市中町東丸根37

御祭神:白山姫命

例祭日:10月5日

宝永5年(1708)大泉寺の鎮守として勧請される。明治の神仏分離により社寺の境界区割を定めて大泉寺領民8戸の産土神となり、岡崎天満宮の管理下に置かれた。戦後宗教法人設立に当たり、上中町の氏神として独立する。