岡崎市島町10

御祭神:事代主命、天照皇大神、豊受大神
例祭日:第3日曜 

建保2年(1214)本間三郎重光の創建で、古くは蛭子大神宮と称した。岡崎12社の1社である。重光の子孫の五郎左ヱ門倫重が邸内地五畝歩を寄進し、住民の参拝を自由にしたと伝えられている。